アクセスランキング 雷電のPSP徹底解説blog YouTubeでアップロード可能なファイルの長さが10分から15分に延長








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

YouTubeでアップロード可能なファイルの長さが10分から15分に延長

7-vfl180127.jpg
YouTubeでアップロードできる動画ファイルが15分に延長されました。
動画共有サービスYouTubeで仕様の変更が行われ、アップロード可能なファイルの長さが15分に延長されました。

これまでの限界は10分で、一部のアカウントに限ってそれ以上の長さでもアップロード可能になっていましたが、今回の変更ですべてのYouTubeユーザーが10分以上の動画もアップロード可能になりました。

詳細は以下から。


YouTube Blog: Upload limit increases to 15 minutes for all users

YouTubeの公式ブログによると、YouTubeを動画アップロード先としてベストな場所にするため、これまで要望の中で一番多かった「アップロードできる動画の長さを10分以上にする」と実現したとのこと。これによって、制限は15分までに延長されました。

これまで、パートナーアカウント以外では長らく10分の制限がかけられていましたが、著作権保護システムに関する技術を向上させ、また1000社以上の映画会社や音楽レーベルとも連携したことで、この変更が実現したのだそうです。

なお、この変更以前に「動画の長さが10分以上である」と判断されて公開を拒否された動画がある場合、そのまま公開することはできず、一度アップロードしたファイルを削除して再度アップロードする必要があるそうです。
GIGAZINE
よく動画をアップロードする人には嬉しいニュースですね!
スポンサーサイト
[ 2010/07/30 21:50 ] News | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raiden1005.blog104.fc2.com/tb.php/30-4f0c1571









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。