アクセスランキング 雷電のPSP徹底解説blog 読み込めなくなったセーブデータを回避 - MagicSave v3.2








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読み込めなくなったセーブデータを回避 - MagicSave v3.2

hblogo1.gif
破損ファイルとなってしまうセーブデータを起動できるようにするプラグイン、「MagicSave」のver 3.2が公開されています。
このプラグインを使えば、セーブデータの復号化やCFWのバージョンを変えることにより破損ファイルとなってしまったセーブデータを回避する事ができます。


このプラグインで出来ること


▽セーブファイルを直接改造
▽破損したセーブファイルの修復
▽セーブファイルへパッチ処理(チェックサム修正、改造コード適用、その他 自由な処理)
▽セーブファイルのバックアップ(CFWのVerに依存しないファイル)
▽非暗号化状態のデータを比較してフラグサーチ
▽GameKeyの収集
▽その他

更新内容


【基本動作部分】
・破損ファイル読み込み機能にオプションを追加
("SFO File"に"Type3"を追加した、読み込めるファイルが増えたかもしれない)

【メニュー関係】
▽現在のゲームに対応するプラグインがPluginsフォルダになければメニュー上の"プラグイン"機能を表示しないようにした

【設定ファイル関係】
▽"RID_SFO" に "Type3" を追加
▽各設定 初期値をユーザーが任意に指定出来るようにした( 詳しくは【default.iniについて】 を参照 )
▽使用しているライブラリを最新の物にした(Libini)

【その他】
▽ReadMeを修正(ユーザー定義ファイルの名称を、ゲーム別 設定へ変更した)


準備


こちらからダウンロードしてください。
10.jpg
MagicSave、seplugins フォルダをメモリースティックのルート(直下)へコピー

seplugins/game.txtを開いて

通常版なら
ms0:/seplugins/MagicSave.prx 1
Lite版なら
ms0:/seplugins/MagicSaveLite.prx 1

を追記後、保存(game.txtがなければ作成)

詳しい操作方法などは同梱のReadme.txtをご覧ください。
以上です。お疲れ様でした。
スポンサーサイト
[ 2010/10/29 19:40 ] プラグイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raiden1005.blog104.fc2.com/tb.php/171-ddb376e9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。