アクセスランキング 雷電のPSP徹底解説blog 検索スピードを向上! - Google Instant








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

検索スピードを向上! - Google Instant

google-instant-search-feature-update-485x363.jpg
Googleにより、検索候補をリアルタイムで入力バーに表示してくれる新機能「Google Instant」が開始されています。


Google がウェブ検索サービスの新技術 Google Instant を正式に発表しました。Google Instant はその名のとおり、検索語を入力している最中から自動的に検索を実行する機能。検索結果は入力予測に基づいており、ひと文字入力するごとに更新されます。Google いわく、目の付けどころは「人間はタイプが遅い」こと。文字を打鍵する間隔は一般的に300ミリセカンドであるのに対して、目で画面の一部を確認するのは10分の1の30ms。つまり入力しながらリアルタイム更新されてゆく結果をチラ見確認することができ、望みの結果が現れた時点で打鍵を止める / Enterも押す必要がないこと、また途中までの検索結果に応じて適切な検索語を選ぶことができるため、一度の検索に要する時間を短縮できるとしています。
Google Instant は米・英・仏・独・伊・西・露ドメインから順次導入中。.com 以外のドメインのユーザーはGoogleアカウントでログインしている必要があります。各ドメイン・言語での導入は今後数か月をかけて実施される予定。必要なブラウザは Chrome v5以降、Firefox v3以降、MacのSafari v5、IE 8。ブラウザでのネイティブ導入 (アプリの検索窓に入力するとリアルタイム検索結果) も今後提供される予定です。Googleサービスの常として提供地域・対象ユーザーでも新機能が各サーバに「染み渡る」までには数日かかるため、すぐにはアクセスできないかもしれません。Google Instant の機能そのものは、すでに日本語でも問題なく作動します。

Google のテストによれば、Instantを有効にすることで短縮できる時間は検索一件ごとに 2~5秒。すべてのユーザーが使うとすれば「一日につき35億秒、一秒につき11時間」を節約できるとのこと。意図しないおもしろ予測や画像検索で浪費する時間もますます増えそうです。
【ソース】Google Instant 発表、入力中から検索実行


使い方


現在日本語のページは公開されていませんが、日本語入力はできます。
Google Instant

何か文字を入力してみます。
「a」と入力してみましょう。
すると瞬時に検索候補を入力バーに表示します。
Google_01.png
うっすら「amazon」と表示されます。
Tabキーを押すと検索候補を入力します。
それに1字入力するごとに検索結果が変わります。
これからのネット検索に役立ちそうです。
以上です。お疲れ様でした。


スポンサーサイト
[ 2010/09/10 20:50 ] サイト | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raiden1005.blog104.fc2.com/tb.php/114-e22f079e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。